今月のおすすめ漢方:うつ症状についてのお話

新年度を迎え、気持ちもほがらかになる季節です。
しかし、新しい環境の変化についていけず、すがすがしさを実感できない方もいらっしゃると思います。
このような「うつ」傾向は心のカゼとも言われています。
東洋医学は気の医学とも言われ、いろいろな精神症状に用いられてきました。
気分が落ち込む方には桂枝加竜骨牡蛎湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)
不安感が強い方には加味逍遥散(かみしょうようさん)
すぐイライラしてしまう方には抑肝散(よくかんさん)、
疲れやすい方には補中益気湯(ほちゅうえっきとう)などの漢方薬がお勧めです。
「心のカゼ」に漢方薬はいかがでしょう。