今月のおすすめ漢方:熱中症:夏バテと漢方についてのお話

7月に入り、暑い日が続きます。熱中症は「熱さに中(あた)る」意味で、暑熱環境下で生じる病気です。
軽症では、筋肉の痙攣から始まり、進行するとめまいや吐き気を生じ、意識障害などに進展します。
予防として、こまめな水分摂取と体調管理が重要です。
また、熱中症までひどくはないものの、夏ばてになりやすい方には、漢方薬の内服が有効です。
夏ばてに用いられる漢方薬として、夏やせや夏まけなどには清暑益気湯(せいしょえっきとう)、
めまいやのどの渇きには五苓散(ごれいさん)
全身倦怠感には補中益気湯(ほちゅうえっきとう)などがあります。